製品紹介

SOLUTIONS

ソリューション
食品の製造工程を効率化する、省力化・自動化ソリューション

精肉)ミンチ商品製造ライン

精肉)ミンチ商品製造ライン

様々な機器を組み合わせたライン化で省力化を

精肉ミンチ(挽肉)商品の製造を省力化するミートチョッパー、グラインダー、挽肉製造ラインの機器です。小売向けチルド挽肉商品にはトレー盛り付けまで自動で行う「ミンスパッカー」を核にした製造ラインが威力を発揮。原料の一次処理~牛豚ミキシング~粗挽きと仕上げ挽き~トレー盛り付けの一連の工程をライン化し、大幅な省力化を可能にします。冷凍販売用「パラパラミンチ」ではグラインダーの後に急速凍結機を接続した連続ライン化により効率の良いライン構築が可能です。

  • 【機種選定ポイント①】使用する原料

    使用する原料の形状や温度帯により最初の工程が変わってきます。

    ● 原料の温度(冷凍・チルド)
    チルド温度帯か冷凍の温度帯か

    ● 原料の形状
    ブロック状の原料かある程度小さく切り分けられた原料か。

    原料が冷凍の場合は半解凍してから加工することが一般的ですが、-20℃前後でも加工できる機種もございます。また原料がブロック状の場合はグラインダー/チョッパーで加工できるサイズにするために前処理として裁断する必要があります。

  • 【機種選定ポイント②】処理量

    商品の製造量により機種選定とライン構成が異なってまいります。

    ● 生産量が大量の場合:
    冷凍原料の切削からミキシング~粗挽き~仕上げ挽き~トレー盛り付けまで一気通貫で行えるミンスパッカーラインを構築し、大幅な省力化ができます。

    ● 少量多品種の場合:
    小回りが利き、生産アイテムを簡単に切り替えられる小型のグラインダーによる製造が効率的です。

  • 【機種選定ポイント③】製造する商品

    商品の量目、包装形態、商品の温度帯など様々な要因により機種選定が異なってまいります。

    ● 小売用チルド挽肉トレーパック商品:
    最終工程で「ミンスパッカー」を用いることにより、トレー盛り付けまで自動で行うことができ、大幅な省力化ができます。

    ● 冷凍パラパラミンチ:
    グラインダーの次工程に急速凍結機~軽量包装機をライン化し、一気通貫の自動化ラインの構築が可能です。

  • 機種選びにお困りですか?

    食材や製造商品に応じた最適な機種をご提案致します。より詳細なご案内や資料のご請求、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。また各導入事例のご紹介のほかテスト・デモのご依頼も承ります。

  • ライン設計もお任せください

    機器前後の搬送システムを含めた食品製造ラインの設計、製造SKUと生産量からの機種・台数の試算と加工室レイアウト設計も承ります。弊社のエンジニアリングサービスをご参照ください。
    >エンジニアリングサービスへ

該当機器一覧
この分野の製造ラインで使用される機器の一例です。商品・製造量に応じた最適な機種や製造ラインの設計など詳細についてはお問い合わせください。
形式番号:MP-117/TC-093
  • チルド
挽肉の定量トレー盛付けを自動化し、大幅な生産性向上と省力化を実現する、ミンスパッカーライン。ミンチ商品の計量と盛り付け作業を自動化し、生産性向上と衛生環境の向上を実現します。