製品紹介

SOLUTIONS

ソリューション
食品の製造工程を効率化する、省力化・自動化ソリューション

惣菜)とんかつカット~衣付け加工

惣菜)とんかつカット~衣付け加工

手間のかかる下処理は機械化で効率よく

決められた重量でのカット、筋切り、衣付け。多数の工程があるとんかつの仕込みも、製造ラインを構築して省力化することが可能です。原料形状を測定して定量カットを行うスライサー、食感を柔らかくするオートテンダー、オートブレッダー~パン粉付けラインの構築で、一連の工程を省力化できます。手間のかかる仕込み作業をセントラルキッチンで行い、店舗の作業負担を軽減しましょう。

  • 【工程①】定量カット

    原料の豚ロース肉を規格重量でカットするには専用の定量カッターを用いると効率的です。多くの機種は3次元センサーにより原料形状をスキャンし、厚みを変えながらカットしていきます。原料の温度帯によりチルド用/冷凍用と機種が分かれます。

  • 【工程②】筋切り

    定量でカットされたローススライスを筋切りすることにより、ワンランク上の柔らかく美味しいとんかつになります。工場用の連続処理可能なテンダーライザーなら、手間をかけずに効率よく加工できます。

  • 【工程③】パン粉付け

    バッター液付け~パン粉をつける工程も、バッターリングマシン~パン粉付け機のラインで自動化が可能です。

  • 機種選びにお困りですか?

    食材や製造商品に応じた最適な機種をご提案致します。より詳細なご案内や資料のご請求、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。また各導入事例のご紹介のほかテスト・デモのご依頼も承ります。

  • ライン設計もお任せください

    機器前後の搬送システムを含めた食品製造ラインの設計、製造SKUと生産量からの機種・台数の試算と加工室レイアウト設計も承ります。弊社のエンジニアリングサービスをご参照ください。
    >エンジニアリングサービスへ

該当機器一覧
この分野の製造ラインで使用される機器の一例です。商品・製造量に応じた最適な機種や製造ラインの設計など詳細についてはお問い合わせください。
形式番号:NTD-165
  • チルド
【豚ロース肉など幅165mmまでの原料用定量スライサー】とんかつ用の定量スライスなら3D定量スライサー「リブラ165C」におまかせ。食材の重量を測定後、肉送りベルトに載せ替えスタートスイッチを押すだけ。独自の3Dセンサーにより原料形状を読み込み、分析、自動スライス開始。定量でも定厚でも均一なスライスができます。
形式番号:NPC-PT
  • チルド
不定形な肉を一定の重量でスライスできる定量スライサーNPC-PT。 最先端のコンピュータ技術を駆使して、形の一定でない肉を一定の重量でスライスします。
形式番号:MK-A
  • チルド
  • フレッシュ
【肉・魚・野菜を定寸で瞬時にカット】アサヒ産業独自の多層刃で食材を瞬時に裁断するマルチカッターです。抜群の切れ味を持つ刃物で、畜肉・魚介・野菜など多彩な食材に対応。通常のスライサーでは切りにくい食材もキレイにカットします。また刃物ユニットを交換することにより裁断幅を変えたり表面筋入れや、筋切りなど多彩な用途にご活用いただけます。
形式番号:MODEL H
  • チルド
  • フレッシュ
  • 加工肉
肉を柔らかく、美味しくします。特製544本(34列)のサーベル刃により肉質を変えることなく柔らかくします。特にブロック肉のままテンダーライズしますと、なお一層価値を高め効果的です。使い方、掃除も簡単で、どなたでも操作できます。
形式番号:KDS-200/KD-50ほか
【とんかつ・コロッケ・メンチカツのパン粉付けに】ライン式のパン粉付け機です。食材のバッター液漬けからパン粉つけを一連で行いますので、微粉まぶし機や成型機との連結により一連の工程を自動化します。手作り感を重視した仕上がりでシンプルで使いやすい設計。自動式と半自動式など用途と処理量に応じてお選びいただけます。