製品紹介

PRODUCTS

製品紹介
ミートスライサー、ミートチョッパー、フードスライサーなど業務用製品

高速3D定量スライサー「リブラ165C」

形式番号:NTD-165
PC/加工工場用
  • チルド
  • フレッシュ
【豚ロース肉など幅165mmまでの原料用定量スライサー】とんかつ用のスライスなら3D定量スライサー「リブラ165C」におまかせ。食材の重量を測定後、肉送りベルトに載せ替えスタートスイッチを押すだけ。食材の形状を上下2個ずつの変位センサーにより読み込み分析し自動スライス開始。定量でも定厚でも均一なスライスができます。
  • とんかつ等の高速定量スライスが可能

    「1枚あたり〇〇グラムでのスライス」といった定量スライスが可能な定量スライサーです。豚ロース肉のとんかつ用スライス等に威力を発揮します。定量スライスのほか間欠スライスの枚数、間隔など自由自在に設定可能。原料は連続投入が可能で効率の良い作業が可能です。

  • 独自の3Dセンサーによる非接触測定

    独自の3Dセンサーにより原料形状を正確にスキャン。誤差の少ない定量スライスが実現します。形状読込みは変位センサにより非接触で行いますので衛生的で、商品を変形させることがありません。商品にストレスを与えないので商品価値が損なわれません。

  • 安定した切れ味の丸刃を採用

    弊社独自の丸刃偏芯技術により抜群の切れ味を実現。専用研磨装置により半自動研磨を行うため安定した切れ味が保てます。刃物位置の取り付け位置を変更でき、通常丸刃に比べ3倍使用可能です。
    丸刃安全カバーもついていますので、洗浄時も安心です。

  • 簡単操作の液晶タッチパネル

    見やすく、操作しやすいカラータッチパネルを採用。難しい設定が一切なく、誰でも簡単に定量スライスが可能です。
    丸刃も専用の半自動研磨機で簡単に均一に研磨が可能。いつでも最適な切れ味をキープできます。

  • 製品仕様(本体)
    処理能力 定量スライス:最大6,000枚/時
    ※原木長さ500mm、厚み12mmを想定した場合
    定厚スライス:最大250枚/分
    機器寸法 W903×L948×H1,742mm
    最大原料寸法 W165×H100mm
    スライス厚み (0)~50mm
    スライス適応温度 -2℃~+3℃
    ※肉厚、肉質、形状によって若干異なります
    ※薄切りにはテンパリング工程が必要です
    使用電源 三相200V 60Hz/50Hz 0.8kW
    機械重量 310kg
    製品仕様(3D測定器)
    機器寸法 W770(ベルト幅390)×D1,677×H1,557mm
    コンベアー速度 0~13m/分
    使用電源 三相200V 60Hz/50Hz 0.26kW
    機械重量 210kg
    製品仕様(受取コンベアー)
    機器寸法 W373(ベルト幅220)×D1,209×H946mm
    コンベアー速度 0~22m/分
    使用電源 三相200V 60Hz/50Hz 0.09kW
    機械重量 45kg