製品紹介

PRODUCTS

製品紹介
ミートスライサー、ミートチョッパー、フードスライサーなど業務用製品

自動挽肉盛付機「ミンスパッカー」

形式番号:MP-117/TC-093
PC/加工工場用
  • チルド
専用ツインミートチョッパーTC-093+ミンスパッカーMP-117を組み合わせた「ミンスパッカーライン」。 このミンスパッカーラインで、挽肉のトレー盛り付けを自動化できます。 従来、挽肉のトレー盛付は、計量器で重量を測りながらの人海戦術での作業でした。 ミンスパッカーラインでは、専用ミートチョッパーTC-093からコンベア上に安定的に挽肉を吐出し、ミンスパッカーMP-117が定寸でカット、供給されるトレーに盛付を行います。 フレーカーミキサーグラインダー~バーチカルコンベアとの組み合わせで、ブロック肉から拭き肉のトレー盛りまでの完全自動化ラインが実現できます。
  • TC-093からの安定的な挽肉の吐出

    専用ツインミートチョッパーTC-093は、安定した練れの少ない良質な挽肉を製造します。 ヘッドは#22と#32の切換え式。希望するパック重量に応じて切り替えることができます。 ボーンコレクターを装着することも可能です。

  • 定寸でカットし重量のバラツキは僅少

    一定の量でコンベア上に吐出された挽肉を、ミンスパッカーMP-117が定寸でカットします。 重量のバラツキは僅かで、商品の95%が誤差5%以内に収まる安定性を誇ります(パック重量や温度帯により異なります)。

  • 高品位な商品でイメージアップ

    筋目の整った挽肉で、商品の品質向上・イメージアップにつながります。 また、トレーの盛付まで人の手に触れることがなく、衛生的です。 スタッフの違いによる品質のバラツキがないことも特徴です。

  • 特徴

    【生産性向上】
    ミンスパッカーラインの生産能力は40パック/分(1パックあたりの重量により異なります)。大幅な生産時間の削減および生産性向上が図れます。
    【省力化】
    機械が自動的にトレー盛付。大勢のスタッフによる計量しながらの手盛り作業から解放されます。大幅な省力化を期待できます。
    【衛生的】
    挽肉の吐出からトレー盛付まで原料に人の手に触れることが無く、衛生的です。
    【定貫性】
    均一に排出される挽肉を定寸でカット。重量のバラツキが少ないパックが生産可能です。
    【一気通貫のライン構築が可能】
    原料を裁断するフレーカーや粗挽きを行うグラインダー、原料を搬送するバーチカルコンベアの組み合わせで、ブロック原料投入からトレー盛付までの一気通貫ラインが構築可能です。
製品仕様(MP-117)
機器寸法 MP-117:W2035xD1676xH1750mm
MP-117C:W2470/D1676/H1750mm
動力 三相200V 巾寄コンベア:0.1kW
本体トレーコンベア:0.2kW
フィーダー:0.2kW
巾寄ガイド/トレーガイド:0.1kW
パッドアーム:0.2kW
剥離部トレーコンベア:0.2kW
排出コンベア(MP-117Cのみ):0.03kW
巾寄コンベア速度 13~126mm/sec
ベルト巾 180mm
適応トレーサイズ W100~210/L120~250/H27~40mm
処理能力 パック重量:80~800g/パック
カット長:60~200mm
巾寄ガイド幅:70~160mm
処理数:4200パック/h(MAX)
トレー排出高さ MP-117:635mm
MP-117C:750mm
エアー 供給源圧力0.5MPa 消費量350L/min
機械重量 900kg
製品仕様(TC-093)
機器寸法 W1217xD1215xH1640mm
ヘッド仕様 #22
#32
動力 三相200V チャージング用:2.2kW(#22)・ 5.5kW(#32)
パドル用:0.4kW
能力 220~560kg/h (#22)
430~1130kg/h(#32)
190~470kg/h(#12相当品)
タブ容量 80L(満水量)
チャージングスクリュー回転数(インバータ制御) 64~167rpm (#22)
82~218rpm(#32)
備考 アウトサイド式自動ボーンコレクター標準装備
機械重量 615kg