製品紹介

PRODUCTS

製品紹介
ミートスライサー、ミートチョッパー、フードスライサーなど業務用製品

高速3D定量スライサー「リブラ300C」

形式番号:NTD-300
PC/加工工場用
  • チルド
  • フレッシュ
【牛サーロイン等の幅300mmまでの定量スライサー】牛ステーキのスライスなら3D定量スライサー「リブラ300C」におまかせ。食材の重量を測定後、肉送りベルトに載せ替えスタートスイッチを押すだけ。食材の形状を上下2個ずつの変位センサーにより読み込み分析し自動スライス開始。定量でも定厚でも均一なスライスができます。
  • ステーキ等の高速定量スライスが可能

    「1枚あたり〇〇グラムでのスライス」といった定量スライスが可能な定量スライサーです。牛サーロインステーキ用スライス等に威力を発揮します。スライス中に次の原料の連続投入も可能で、定量スライスでありながら最大5,000枚/時の高速性(※原木長さ500mm、厚み12mmを想定した場合)を実現しました。3D測定器では食材の形状を上下2個ずつの変位センサにより読み込みます。スライス前に食材の形状を取得し、指定した重量に合わせた計算を入れたうえでスライスすることで、誤差の少ない定量スライスが実現します。

  • 独自の3Dスキャンで誤差の少ない定量スライス

    3D測定器では食材の形状を上下2個ずつの変位センサにより読み込みます。スライス前に食材の形状を取得し、指定した重量に合わせた計算を入れたうえでスライスすることで、誤差の少ない定量スライスが実現します。形状読込みはセンサにより非接触で行いますので衛生的で、商品を変形させることがありません。商品にストレスを与えないので商品価値が損なわれません。

  • サニタリー性向上で安心を提供

    液体噴霧装置(アルコール、蒸留水)を標準装備しているので常に刃が清潔に保たれ安心です。また肉箱周辺部も大きく開き丸刃周りもスッキリしたことから大変清掃しやすくなりました。

  • 製品仕様(本体)
    処理能力 定量スライス:最大5,000枚/時
    ※原木長さ500mm、厚み12mmを想定した場合
    定厚スライス:最大9,000枚/時
    ※こまぎれスライスはできません
    機器寸法 W1,073×L1,487×H1,764mm
    最大原料寸法 W300×H180×L600mm
    スライス厚み (0)~50mm
    スライス適応温度 -2℃~+3℃
    ※肉厚、肉質、形状によって若干異なります
    ※薄切りにはテンパリング工程が必要です
    使用電源 三相200V 60Hz/50Hz 3.0kW
    エアー圧・使用量 0.5Mpa 42L/分  チューブ外形8mm
    機械重量 600kg
    製品仕様(3D測定器)
    機器寸法 W779(ベルト幅390)×D1,673×H1,397mm
    コンベアー速度 0~13m/分
    使用電源 三相200V 60Hz/50Hz 0.24kW
    機械重量 203kg
    製品仕様(受取コンベアー)
    機器寸法 W615(ベルト幅350)×D1,703×H911mm
    コンベアー速度 0~25m/分
    使用電源 三相200V 60Hz/50Hz 0.09kW
    機械重量 53kg